何ですかvcredist_x86.exe

vcredist_x86.exeはMicrosoft Corporationからプロセスです。 それは、C:\Documents and Settingsの場所で見つけることができます。 これは、ウイルスによって悪意を持って変更することができ、潜在的なセキュリティリスクです。 vcredist_x86.exeウイルスが無効になっており、削除する必要があり、それはWindows XP/Vista/7エラーが発生することがあります。




共通vcredist_x86.exeエラーメッセージ


  • "dllを登録:ファイルC:\WINDOWS\System32\ vcredist_x86.exeため失敗しました"
  • "Microsoft Windowsを起動することはできません。必要なコンポーネントが欠落しています。vcredist_x86.exeを"
  • "エラー読み込みvcredist_x86.exe"
  • "欠落または破損しWindows\System32\ vcredist_x86.exe:上記のファイルをインストールし直してください。"
  • "このアプリケーションはvcredist_x86.exeが見つからなかったため、起動に失敗した"
  • "vcredist_x86.exeを見つけることができません"
  • どのvcredist_x86.exeエラーを修正する自動


    無料お使いのコンピュータをスキャンし、関連のエラーを修正する指示に従ってください

  • 手順1: vcredist_x86.exeエラー修復ツールをダウンロードしてください。
  • 手順2: "ファイルを保存"して、プログラムをインストールして、画面の指示に従ってクリックしてください。
  • 手順3: お使いのコンピュータをオーバースキャンする"Scan Now" をクリックしてください。
  • 手順4: exeファイルのエラーを修正して、コンピュータをスピードアップするために"Repair All"ボタンをクリックします。


  • English  Français  Deutsch  Italiano  Español  Português  Pусский  日本語  한국의  简体中文  繁體中文 

    一般的な問題:


  • "ファイアウォールは、このプロセスは、ネットワークへのアクセスを要求していることを警告するメッセージが表示さ"
  • "このプロセスは、Windows XP Service Pack 2のインストール後にクラッシュ"
  • "このプロセスは、100%のCPU時間を使用しています"
  • "電子メールを送信するときにCPUの100%を使用"
  • "アクティブウィンドウは時折フォーカスを失った"
  • Download vcredist_x86.exe Remove Tool Now

    vcredist_x86.exeエラーは以下の可能性のいずれかが原因で発生することができます。

  • このエラーによる破損したWindowsのレジストリファイル
  • 破損または不正なファイル
  • 死のブルースクリーン
  • Tempフォルダが存在しないか、壊れていない
  • 起動することができません
  • プログラム内の競合
  • レジストリのエラー、dllのエラー、EXEのエラーやその他のあいまいなシステムエラーの驚くほど多くの
  • 破損したWindowsのレジストリ
  • 空のレジストリキー、埋め込まれたキーは、無効なアンインストールエントリ、サウンドセクション、ヘルプのセクション、無効なショートカット、無効なファイル拡張子の質量
  • あいまいな情報でポップアップ表示され迷惑なシステム
  • 壊れているか無効なファイル·アロケーション·リスト、スワップファイル、パスワードのリスト、およびレジストリ、不正なBIOS設定
  • 壊れているか無効cppファイルまたは一時フォルダ
  • 間違ったBIOS構成
  • 常にポップアップされましたエラーメッセージ